Amazon Services Japan
Amazonマーケットプレイス Web サービス (Amazon MWS) ドキュメント
Amazon MWS ドキュメント

GetServiceStatus

商品APIセクションの動作ステータスを返します。

説明

GetServiceStatusオペレーションは、AmazonマーケットプレイスWebサービス(Amazon MWS)商品APIセクションのオペレーションステータスを返します。ステータス値はGREENGREEN_IYELLOWREDです。

GetServiceStatusオペレーションの最大リクエストクォータは2回、回復レートは5分ごとに1リクエストです。 スロットリング用語の定義については、商品APIのスロットリングを参照してください。

利用可否

このオペレーションはすべてのマーケットプレイスで利用できます。

リクエストパラメーター

GetServiceStatusオペレーションは必須リクエストパラメーターのみを受け付けます。 すべてのAmazon MWSオペレーションに必須とされるリクエストパラメータについて詳しくは、Amazon MWS開発者ガイド必須のリクエストパラメーターを参照してください。

レスポンス要素

名前 説明
Status 以下のリストは、GetServiceStatusオペレーションによって返される可能性がある値を示しています。
GREEN
サービスが正常に動作しています。
GREEN_I
サービスが正常に動作しています。追加情報が提供されます。
YELLOW
サービスは、通常よりも高い比率でエラーが出ているか、パフォーマンスが低下しています。追加情報が提供される場合があります。
RED
サービスは使用できないか、非常に高い比率でエラーが出ています。追加情報が提供される場合があります。

タイプ:xs:string

Timestamp 動作ステータスが評価された時刻を示しています。ISO 8601日時フォーマット

タイプ:xs:dateTime

MessageId Amazonによって定義されるメッセージID。

タイプ:xs:string

Messages 1つ以上のMessage要素の親要素。
Message 動作ステータスメッセージ。

以下の子要素の親要素(子要素のタイプ:xs:string):

  • Locale
  • Text

クエリリクエスト例

標準のリクエスト要件について詳しくは、必須のリクエストパラメーターを参照してください。

サンプルを表示するサンプルを隠す

POST /Products/2011-10-01 HTTP/1.1
Content-Type: x-www-form-urlencoded
Host: mws.amazonservices.com
User-Agent: <Your User Agent Header>

AWSAccessKeyId=AKIAEXAMPLEFWR4TJ7ZQ
&Action=GetServiceStatus
&MWSAuthToken=amzn.mws.4ea38b7b-f563-7709-4bae-87aeaEXAMPLE
&SellerId=A1IMEXAMPLEWRC
&SignatureMethod=HmacSHA256
&SignatureVersion=2
&Timestamp=2012-12-04T22%3A53%3A58Z
&Version=2011-10-01
&Signature=7LYTEXAMPLE%2BrxcZsx%2BUjnYCvU9BeloQoQtEXAMPLEQ%3D

↑ トップへ戻る

レスポンス例

標準のレスポンスフォーマットについて詳しくは、レスポンスフォーマットを参照してください。

サンプルを表示するサンプルを隠す

<?xml version="1.0"?>
<GetServiceStatusResponse
    xmlns="http://mws.amazonservices.com/schema/Products/2011-10-01">
    <GetServiceStatusResult>
        <Status>GREEN</Status>
        <Timestamp>2012-12-04T22:53:58.830Z</Timestamp>
    </GetServiceStatusResult>
    <ResponseMetadata>
        <RequestId>0a51dc17-20bf-4e0d-8ac5-5d53bd1129cf</RequestId>
    </ResponseMetadata>
</GetServiceStatusResponse>

↑ トップへ戻る