Amazon Services Japan
Amazonマーケットプレイス Web サービス (Amazon MWS) ドキュメント

Deprecation Notice:

Amazon Marketplace Web Service (MWS) will no longer be available after December 31, 2023. All MWS developers must migrate to Selling Partner API (SP-API) to avoid service disruptions. Refer to the Migration Hub for more information.

Amazon MWS ドキュメント

UpdateInboundShipment

既存の納品を更新します。

説明

UpdateInboundShipmentオペレーションは、既存の納品に対する商品の追加、更新、削除を行います。既存の納品はShipmentIdにより識別されます。UpdateInboundShipmentオペレーションには、それぞれ最高200商品まで含めることができます。

InboundShipmentHeaderリクエストパラメーターを指定した場合、更新しようとしている納品のInboundShipmentHeader情報を置き換えます。InboundShipmentHeaderリクエストパラメーターを指定し、ShipmentStatus要素を変更することにより納品のステータスを更新できます。

InboundShipmentItemsリクエストパラメーターを指定した場合、動作は以下のようになります。

  • 納品に存在しない商品(SellerSKUで識別)を指定した場合、その新しい商品を納品に追加します。
  • 納品にすでに存在する商品(SellerSKUで識別)を指定した場合、既存商品を置き換えます。既存商品を置き換える新しい商品に対してQuantityShippedを「0」を設定した場合、その商品は納品から削除されることになります。

利用可否

このオペレーションはすべてのマーケットプレイスで利用できます。

スロットリング

このUpdateInboundShipmentオペレーションの最大リクエストクォータは30回、回復レートは毎秒2リクエストです。 スロットリング用語の定義およびスロットリングの詳しい説明については、Amazon MWS開発者ガイドスロットリング: リクエストを送信できる頻度を制限するを参照してください。

リクエストパラメーター

すべてのAmazon MWSオペレーションに必須とされるリクエストパラメーターについて詳しくは、Amazon MWS開発者ガイド必須リクエストパラメータを参照してください。

名前 説明 必須
ShipmentId CreateInboundShipmentPlanオペレーションで返された納品番号。 必須 タイプ:xs:string
InboundShipmentHeader 納品のためのヘッダー情報。 必須 タイプ: InboundShipmentHeader
InboundShipmentItems 納品する商品のSellerSKUおよびQuantityShippedの情報。 必須 タイプ: InboundShipmentItem

レスポンス要素

名前 説明
ShipmentId リクエストで送信されたShipmentId

タイプ:xs:string

クエリーリクエスト例

標準のリクエスト要件について詳しくは、必須のリクエストパラメーターを参照してください。

サンプルを表示するサンプルを隠す

https://mws.amazonaws.com/FulfillmentInboundShipment/2010-10-01
?AWSAccessKeyId=AKIAEIAL5QODNGQCJLSA
&Action=UpdateInboundShipment
&SellerId=A135KKEKWF1J56
&SignatureVersion=2
&Timestamp=2015-11-29T22%3A51%3A09Z
&Version=2010-10-01
&Signature=zzk0jdEopg7JgFAAjVrmESGYHKwvBJ2BhYdC1gLaUhc%3D
&SignatureMethod=HmacSHA256
&ShipmentId=FBA0000001
&InboundShipmentHeader.ShipmentName=SHIPMENT_NAME
&InboundShipmentHeader.ShipFromAddress.Name=NAME
&InboundShipmentHeader.ShipFromAddress.AddressLine1=ADDR_LINE1
&InboundShipmentHeader.ShipFromAddress.City=Seattle
&InboundShipmentHeader.ShipFromAddress.StateOrProvinceCode=WA
&InboundShipmentHeader.ShipFromAddress.PostalCode=98121
&InboundShipmentHeader.ShipFromAddress.CountryCode=US
&InboundShipmentHeader.DestinationFulfillmentCenterId=ABE2
&InboundShipmentHeader.ShipmentStatus=WORKING
&InboundShipmentHeader.LabelPrepPreference=SELLER_LABEL
&InboundShipmentHeader.IntendedBoxContentsSource=2D_BARCODE
&InboundShipmentItems.member.1.QuantityShipped=1
&InboundShipmentItems.member.1.SellerSKU=SKU00001
&InboundShipmentItems.member.1.PrepDetailsList.member.1.PrepInstruction=Taping 
&InboundShipmentItems.member.1.PrepDetailsList.member.1.PrepOwner=AMAZON
&InboundShipmentItems.member.2.QuantityShipped=2
&InboundShipmentItems.member.2.SellerSKU=SKU00002
&InboundShipmentItems.member.2.PrepDetailsList.member.1.PrepInstruction=Taping 
&InboundShipmentItems.member.2.PrepDetailsList.member.1.PrepOwner=SELLER

↑ トップへ戻る

レスポンス例

標準のレスポンスフォーマットについて詳しくは、レスポンスフォーマットを参照してください。

サンプルを表示するサンプルを隠す

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<UpdateInboundShipmentResponse
  xmlns="http://mws.amazonaws.com/FulfillmentInboundShipment/2010-10-01/">
  <UpdateInboundShipmentResult>
    <ShipmentId>FBA2F50GYX</ShipmentId>
  </UpdateInboundShipmentResult>
  <ResponseMetadata>
    <RequestId>4a2d48a7-9ac3-41f9-82e8-cbd9c137c7c6</RequestId>
  </ResponseMetadata>
</UpdateInboundShipmentResponse>

↑ トップへ戻る