Amazon Services Japan
Amazonマーケットプレイス Web サービス (Amazon MWS) ドキュメント

Deprecation Notice:

Amazon Marketplace Web Service (MWS) will no longer be available after December 31, 2023. All MWS developers must migrate to Selling Partner API (SP-API) to avoid service disruptions. Refer to the Migration Hub for more information.

Amazon MWS ドキュメント

GetFeedSubmissionCount

過去90日間に送信されたフィード数を返します。

説明

GetFeedSubmissionCountオペレーションは、過去90日間に送信されたフィードの合計数を返します。

利用可否

このオペレーションはすべてのマーケットプレイスで利用できます。

スロットリング

最大リクエストクォータ 回復レート 時間あたりのリクエストクォータ
10リクエスト 45秒ごとに1リクエスト 1時間あたり80リクエスト
スロットル用語の定義およびスロットルの詳しい説明については、Amazon MWS開発者ガイドスロットリング:リクエストの送信頻度を制限するを参照してください。

リクエストパラメーター

すべてのAmazon MWSオペレーションに必須とされるリクエストパラメーターについて詳しくは、Amazon MWS開発者ガイド必須のリクエストパラメーターを参照してください。

名前 説明 必須 推奨値
FeedTypeList フィード送信をフィルターする1つ以上のFeedType値の構造化リスト。 いいえ デフォルト:すべてのフィードタイプ

タイプ:xs:string

FeedProcessingStatusList フィード送信のリストをフィルターする1つ以上のフィード処理ステータスの構造化リスト。 いいえ デフォルト:すべてのフィード処理ステータスタイプ。推奨値については、「FeedProcessingStatus列挙子」を参照してください。

タイプ:xs:string

SubmittedFromDate 検索開始フィード送信日(ISO8601の日付フォーマット)。 いいえ デフォルト:90日前

ISO 8601日時フォーマット

タイプ:xs:dateTime

SubmittedToDate 検索終了フィード送信日(ISO8601の日付フォーマット)。 いいえ デフォルト:現在

ISO 8601日時フォーマット

タイプ:xs:dateTime

レスポンス要素

名前 説明 必須 推奨値
Count リクエストパラメーターと一致するフィード送信の合計数。 はい タイプ:xs:nonNegativeInteger

クエリリクエスト例

すべてのAmazon MWSオペレーションに必須とされるリクエストパラメーターについて詳しくは、Amazon MWS開発者ガイド必須リクエストパラメータを参照してください。

サンプルを表示するサンプルを隠す

POST / HTTP/1.1
Content-Type: x-www-form-urlencoded
Host: mws.amazonservices.com
User-Agent: <Your User Agent Header>

AWSAccessKeyId=0PExampleR2
&Action=GetFeedSubmissionCount
&FeedProcessingStatusList.Status.1=_DONE_
&FeedProcessingStatusList.Status.2=_CANCELLED_
&FeedTypeList.Type.1=_POST_PRODUCT_DATA_
&MWSAuthToken=amzn.mws.4ea38b7b-f563-7709-4bae-87aeaEXAMPLE
&Marketplace=ATExampleER
&SellerId=A1ExampleE6
&SignatureMethod=HmacSHA256
&SignatureVersion=2
&Timestamp=2009-02-04T15%3A51%3A49.312Z
&Version=2009-01-01
&Signature=ewExampleU%3D

↑ トップへ戻る

レスポンス例

Amazon MWSは、リクエストまたはサブスクリプションの成功に対するレスポンスを含むXMLファイルを返します。リクエストが失敗すると、主なレスポンス要素はErrorResponseとなります。詳しくは、Amazon MWS開発者ガイドレスポンスのフォーマットを参照してください。

サンプルを表示するサンプルを隠す

<?xml version="1.0"?>
<GetFeedSubmissionCountResponse
    xmlns="http://mws.amazonaws.com/doc/2009-01-01/">
    <GetFeedSubmissionCountResult>
        <Count>463</Count>
    </GetFeedSubmissionCountResult>
    <ResponseMetadata>
        <RequestId>21e482a8-15c7-4da3-91a4-424995ed0756</RequestId>
    </ResponseMetadata>
</GetFeedSubmissionCountResponse>

↑ トップへ戻る