Amazon Services Japan
Amazonマーケットプレイス Web サービス (Amazon MWS) ドキュメント
Amazon MWS ドキュメント

GetReportCount

過去90日間に作成され、ステータスが_DONE_でダウンロード可能なレポート数を返します。

説明

GetReportCountオペレーションは、過去90日間に作成された、ダウンロード可能なレポート数を返します。

利用可否

このオペレーションはすべてのマーケットプレイスで利用できます。

スロットリング

最大リクエストクォータ 回復レート 時間あたりのリクエストクォータ
10リクエスト 45秒ごとに1回のリクエスト 1時間あたり80リクエスト
スロットリング用語の定義およびスロットルの詳しい説明については、Amazon MWS開発者ガイドスロットリング: リクエストを送信できる頻度を制限するを参照してください。

リクエストパラメーター

すべてのAmazon MWSオペレーションで必須のリクエストパラメーターについては、Amazon MWS開発者ガイド必須リクエストパラメータを参照してください。

名前 説明 必須
ReportTypeList ReportType列挙子値の構造化リスト。 いいえ デフォルト:すべて

タイプ:xs:string

Acknowledged 注文レポートがUpdateReportAcknowledgementsの前回の呼び出しで確認されているかどうかを示すboolean値。確認されている注文レポートのリストを取得するにはtrueと設定します。確認されていない注文レポートを表示するにはfalseと設定します。本フィルタは、注文レポートでのみ有効で、出品レポートでは動作しません。 いいえ デフォルト:すべて

タイプ:xs:boolean

AvailableFromDate 検索開始日付(ISO 8601日時フォーマット形式)。 いいえ デフォルト:90日前

タイプ:xs:dateTime

AvailableToDate 検索終了日付(ISO 8601日時フォーマット形式)。 いいえ デフォルト:現在

タイプ:xs:dateTime

クエリリクエスト例

標準のリクエスト要件について詳しくは、必須のリクエストパラメーターを参照してください。

サンプルを表示するサンプルを隠す

POST / HTTP/1.1
Content-Type: x-www-form-urlencoded
Host: mws.amazonservices.com
User-Agent: <Your User Agent Header>

AWSAccessKeyId=0PB842EXAMPLE7N4ZTR2
&Action=GetReportCount
&MWSAuthToken=amzn.mws.4ea38b7b-f563-7709-4bae-87aeaEXAMPLE
&Marketplace=ATVPDKIKX0DER
&ReportTypeList.Type.1=_GET_ORDERS_DATA_
&SellerId=A1XEXAMPLE5E6
&SignatureMethod=HmacSHA256
&SignatureVersion=2
&Timestamp=2009-02-04T18%3A12%3A20.296Z
&Version=2009-01-01
&Signature=AV6JVsC3JvgEXAMPLERL685cP64%3D

↑ トップへ戻る

レスポンス例

標準のレスポンスフォーマットについて詳しくは、レスポンスフォーマットを参照してください。

サンプルを表示するサンプルを隠す

<?xml version="1.0"?>
<GetReportCountResponse
    xmlns="http://mws.amazonservices.com/doc/2009-01-01/">
    <GetReportCountResult>
        <Count>166</Count>
    </GetReportCountResult>
    <ResponseMetadata>
        <RequestId>a497aadb-5ea1-49bf-aa14-dabe914465e3</RequestId>
    </ResponseMetadata>
</GetReportCountResponse>

↑ トップへ戻る