Amazon Services Japan
Amazonマーケットプレイス Web サービス (Amazon MWS) ドキュメント
Amazon MWS ドキュメント

GetReportRequestList

レポートのReportRequestIdを取得するときに使用できる、レポートリクエストのリストを返します。

説明

GetReportRequestListオペレーションは、クエリパラメーターに一致するレポートリクエストのリストを返します。レポートのステータス、日付範囲、およびレポートタイプのクエリパラメーターを指定できます。リストには、各レポートリクエストのReportRequestIdが含まれています。ReportRequestIdの値をGetReportListオペレーションに渡してReportIdの値を取得できます。

最初のリクエストでは、最大100件のレポートリクエストが返されます。それ以上のレポートリクエストがある場合は、レスポンスのHasNexttrueに設定されて返されます。すべての結果を取得するには、NextTokenパラメーターの値を指定してGetReportRequestListByNextTokenオペレーションを呼び出し、HasNextfalseに設定されて返されるまでこれを繰り返します。

利用可否

このオペレーションはすべてのマーケットプレイスで利用できます。

スロットリング

最大リクエストクォータ 回復レート 時間あたりのリクエストクォータ
10リクエスト 45秒ごとに1回のリクエスト 1時間あたり80リクエスト
スロットリング用語の定義およびスロットルの詳しい説明については、Amazon MWS開発者ガイドスロットリング: リクエストを送信できる頻度を制限するを参照してください。

リクエストパラメーター

すべてのAmazon MWSオペレーションで必須のリクエストパラメーターについては、Amazon MWS開発者ガイド必須リクエストパラメータを参照してください。

名前 説明 必須
ReportRequestIdList ReportRequestId値の構造化リスト。ReportRequestId値が指定された場合は、他のクエリ条件は無視されます。 いいえ デフォルト:すべて

タイプ:xs:string

ReportTypeList ReportType列挙子値の構造化リスト。 いいえ デフォルト:すべて

タイプ:xs:string

ReportProcessingStatusList レポートリクエストのフィルタに使用するレポート処理ステータスの構造化リスト。 いいえ
  • _SUBMITTED_
  • _IN_PROGRESS_
  • _CANCELLED_
  • _DONE_
  • _DONE_NO_DATA_

デフォルト:すべて

タイプ:xs:string

MaxCount 返されるレポートリクエストの最大数を表す負でない整数。100を超える数を指定すると、リクエストは拒否されます。 いいえ 1~100

デフォルト:10

タイプ:xs:nonNegativeInteger

RequestedFromDate レポートするデータの選択に使用される、日付範囲の開始日(ISO 8601日時フォーマット形式)。

タイプ:xs:dateTime

いいえ デフォルト:90日前
RequestedToDate レポートするデータの選択に使用される、日付範囲の終了日(ISO 8601日時フォーマット形式)。 いいえ デフォルト:現在

タイプ:xs:dateTime

レスポンス要素

名前 説明
NextToken 別の呼び出しに情報を渡すために使用される文字列トークン。HasNextの値がtrueの場合は、NextTokenを使用して再度オペレーションを呼び出します。

タイプ:xs:string

HasNext さらに取得できる項目があるかどうかを示すboolean値。これらの項目を取得するには、このオペレーションへの追加の呼び出しが必要です。さらに取得できる項目がある場合は、値がtrueになり、そうでない場合はfalseになります。

タイプ:xs:boolean

ReportRequestInfo レポートリクエストに関する詳細な情報。

タイプ: ReportRequestInfo

クエリリクエスト例

標準のリクエスト要件について詳しくは、必須のリクエストパラメーターを参照してください。

サンプルを表示するサンプルを隠す

POST / HTTP/1.1
Content-Type: x-www-form-urlencoded
Host: mws.amazonservices.com
User-Agent: <Your User Agent Header>

AWSAccessKeyId=0PB842EXAMPLE7N4ZTR2
&Action=GetReportRequestList
&MWSAuthToken=amzn.mws.4ea38b7b-f563-7709-4bae-87aeaEXAMPLE
&Marketplace=ATVPDKIKX0DER
&ReportProcessingStatusList.Status.1=_DONE_
&ReportRequestIdList.Id.1=2291326454
&ReportTypeList.Type.1=_GET_ORDERS_DATA_
&ReportTypeList.Type.2=_GET_MERCHANT_LISTINGS_DATA_
&SellerId=A1XEXAMPLE5E6
&SignatureMethod=HmacSHA256
&SignatureVersion=2
&Timestamp=2009-02-04T18%3A12%3A21.921Z
&Version=2009-01-01
&Signature=pBixmXKBaS%2Bq3EbPzgFhv%2BDf6do%3D

↑ トップへ戻る

レスポンス例

標準のレスポンスフォーマットについて詳しくは、レスポンスフォーマットを参照してください。

サンプルを表示するサンプルを隠す

<?xml version="1.0"?>
<GetReportRequestListResponse
    xmlns="http://mws.amazonservices.com/doc/2009-01-01/">
    <GetReportRequestListResult>
        <NextToken>2YgYW55IPQhcm5hbCBwbGVhc3VyZS4=</NextToken>
        <HasNext>true</HasNext>
        <ReportRequestInfo>
            <ReportRequestId>2291326454</ReportRequestId>
            <ReportType>_GET_MERCHANT_LISTINGS_DATA_</ReportType>
            <StartDate>2011-01-21T02:10:39+00:00</StartDate>
            <EndDate>2011-02-13T02:10:39+00:00</EndDate>
            <Scheduled>false</Scheduled>
            <SubmittedDate>2011-02-17T23:44:09+00:00</SubmittedDate>
            <ReportProcessingStatus>_DONE_</ReportProcessingStatus>
            <GeneratedReportId>3538561173</GeneratedReportId>
            <StartedProcessingDate>
                2011-02-17T23:44:43+00:00
            </StartedProcessingDate>
            <CompletedDate>2011-02-17T23:44:48+00:00</CompletedDate>
        </ReportRequestInfo>
    </GetReportRequestListResult>
    <ResponseMetadata>
        <RequestId>732480cb-84a8-4c15-9084-a46bd9a0889b</RequestId>
    </ResponseMetadata>
</GetReportRequestListResponse>

↑ トップへ戻る