Amazon Services Japan
Amazonマーケットプレイス Web サービス (Amazon MWS) ドキュメント
Amazon MWS ドキュメント

NextTokenを使用した追加ページのリクエスト

NextTokenを使用して、オペレーションに許可されているレスポンス要素の最大数を超えてレスポンス要素を生成する方法を説明します。

返されるレスポンスのページあたりの最大数を超えてレスポンス要素を生成した場合に、AmazonマーケットプレイスWebサービス(Amazon MWS)はリクエストを送信する際に、「ByNextToken」オペレーションでNextTokenを送信し、追加ページをリクエストします。フィード、レポートAPIセクションでのNextTokenには、他のAmazon MWS APIセクションにあるNextTokenの内容と異なる部分があります。

NextTokenの使い方(Amazon MWSフィード、レポートAPIセクションでの使い方)

  1. オペレーションを送信します。

    HasNextレスポンス要素がfalseを返した場合、他に返されるレスポンス要素はありません。タスクは完了しています。

    または

    HasNextレスポンス要素がtrueを返した場合、他に返されるレスポンス要素があることを示します。手順2に進みます。

  2. 手順1で送信したオペレーションと一致する「ByNextToken」オペレーションを送信します(たとえば、GetReportListを送信した場合はGetReportListByNextTokenを送信)。送信する際に、手順1で返されたNextToken値を指定します。

    HasNextレスポンス要素がfalseを返した場合、他に返されるレスポンス要素はありません。タスクは完了しています。

    または

    HasNextレスポンス要素がtrueを返した場合、他に返されるレスポンス要素があることを示します。手順3に進みます。

  3. HasNextレスポンス要素がfalseを返すまで、ByNextTokenオペレーションを送信し続けます。
注: GetReportListまたはGetReportListByNextTokenオペレーションを送信する際には、UpdateReportAcknowledgementsオペレーションを送信する前に、HasNextfalseを返していることを確認します。これは、クエリパラメーターと一致するレポートがすべて返されていることを確認する際に役立ちます。詳しくは、UpdateReportAcknowledgementsを参照してください。