Amazon Services Japan
Amazonマーケットプレイス Web サービス (Amazon MWS) ドキュメント

Deprecation Notice:

Amazon Marketplace Web Service (MWS) will no longer be available after December 31, 2023. All MWS developers must migrate to Selling Partner API (SP-API) to avoid service disruptions. Refer to the Migration Hub for more information.

Amazon MWS ドキュメント

Amazon MWSスクラッチパッド の使い方

このセクションでは、Amazon MWSスクラッチパッド ユーザーインターフェイスの入力と出力を説明し、Amazon MWSスクラッチパッド を使用してクエリリクエストを送信する例を記載しています。

Amazon MWSスクラッチパッド の入力項目

Amazon MWSスクラッチパッド が入力欄を示すので、Amazon MWS API セクション、オペレーション、認証情報、必須および任意のリクエストパラメータを入力することができます。User-Agent ヘッダ情報を入力することもできますが、デフォルトの設定を使用してもかまいません。

API 選択

Amazon MWSスクラッチパッド の API 選択エリアでは、API セクションとオペレーションを選択することができます。APIセクションとオペレーションの選択に連動してAPI必須パラメータとAPI任意パラメータの入力項目が変更されます。

認証情報

Amazon MWSスクラッチパッド の認証エリアでは、出品者ID、マーケットプレイス ID、AWS アクセスキー ID、および秘密キーを入力することができます。

詳細...をクリックすると、認証エリアが拡張され、以下の追加の入力欄が表示されます。

アプリケーション名
Amazon MWS へのクエリリクエストを送信するアプリケーション名で、User-Agentヘッダの一部に設定されます。
アプリケーションのバージョン
Amazon MWS へクエリリクエストを送信するアプリケーションのバージョンで、User-Agentヘッダの一部に設定されます。
開発言語
Amazon MWS へクエリリクエストを送信するアプリケーションを開発するのに使用されたプログラミング言語で、User-Agentヘッダの一部に設定されます。
署名バージョン
現在 Amazon MWS が要求するクエリ署名のバージョン。この欄は編集することができません。
署名方法
Amazon MWSスクラッチパッド がクエリ署名を計算するのに用いる HMAC ハッシュアルゴリズム。この欄は編集することができません。
API バージョン
API セクション欄で選択した Amazon MWS API セクションのバージョン。この欄は編集することができません。
エンドポイント
Amazon MWSスクラッチパッド がクエリリクエストを送信する場所。この欄は編集することができません。

API必須パラメータ

Amazon MWSスクラッチパッド の必須の API パラメータエリアで、選択されたオペレーションに必要なパラメータを入力することができます。追加ボタン()が表示された場合、ボタンをクリックして、そのパラメータの別の入力欄を追加することができます。

API任意パラメータ

Amazon MWSスクラッチパッド のオプションの API パラメータエリアで、選択されたオペレーションのオプションのパラメータを入力することができます。追加ボタン( )が表示された場合、ボタンをクリックして、そのパラメータの別の入力欄を追加することができます。

例: SubmitFeed オペレーションを使用して、クエリリクエストを送信

この手順では、Amazon MWSスクラッチパッド が実際のフィードを Amazon MWS に送信します。Amazon MWSスクラッチパッド が送信したフィードが空の場合は、商品や在庫が変更されませんのでご注意ください。Amazon MWS に実際のフィード情報を送信するには、フィードタブにフィードのコンテンツをペーストします(ステップ6参照)。
  1. お住まいの地域の Amazon MWS ポータルページにある「Amazon MWSスクラッチパッド」リンクをクリックして、Amazon MWSスクラッチパッド を開きます。
  2. 出品者ID 欄、マーケットプレイス ID 欄、アクセスキー ID 欄、および秘密キー欄には、Amazon MWS の登録時に受領した認証情報を入力します。
    注: Amazon 以外のサイトでは、ご自身の Amazon MWS 認証情報を入力しないでください。
  3. API セクション欄では、フィードをクリックします。
  4. オペレーション欄で、SubmitFeed をクリックします。
  5. FeedType 欄には、_POST_PRODUCT_DATA_ と入力します。
  6. フィードタブには、デフォルトのテキストをそのまま残しておきます: < xml version="1.0" charset="utf-8">
    デフォルトのテキストでは、商品や在庫情報が Amazon MWS には送信されないことが保証されています。Amazon MWSスクラッチパッド を使って実際のフィード情報を送信する際は、フィードタブにフィードのコンテンツをペーストし、デフォルトのテキストを置き換えます。フィードのフォーマットが、FeedType 欄で選択したフィードタイプと一致していることを確認してください。
  7. 送信ボタンをクリックします。

この時点でAPI セクション欄またはオペレーション欄で別の値をクリックすると、レスポンスタブがグレーに変わり、レスポンスが現在の API セクションおよびオペレーションの選択と一致しないことを示します。

クエリリクエストの送信後に Amazon MWSスクラッチパッド が表示する内容

Amazon MWSスクラッチパッド を使用してクエリリクエストを送信すると、Amazon MWSスクラッチパッド は以下の情報を表示します。

レスポンスタブ

レスポンスタブには、クエリリクエストに対するAmazon MWS の実際の XML レスポンスが表示されます。レスポンスタブから直接レスポンス値をコピーすることができ、次のクエリリクエストのリクエストパラメータとして使用することができます。

リクエスト詳細タブ

リクエスト詳細タブには以下の項目が表示されます。

HTTP POST
リクエストの HTTP POST URL。読みやすさを向上させるためにスペースと改行が挿入されていますが、実際のクエリ文字列には、スペースや改行を挿入しないでください。
署名対象の文字列
リクエストに Amazon MWSスクラッチパッド が自動的に署名したリクエストクエリ文字列。
署名テーブルのリクエスト
16進法の文字列および Base64 エンコード方式のリクエスト署名。フィード送信後、このテーブルにはリクエストのContent-MD5 ヘッダの内容も表示されます。